高田二郎氏

一昨日、SNSに投稿したものをこちらにも

高田二郎先生。

明日はバブルガム ブラザーズのライブ。

使う機材を家の目の前のスタジオでチェックしてきました。

明日のステージネームはtorajiroh。
そう、師匠、高田二郎先生のトラです。

本日、ギタリスト高田二郎氏の告別式だった。先日、俺の親にも伝えた。親も電話口で泣いていた。

ギターを生業として20数年、俺が一切ブレることなく夢と希望に溢れて生きてこれたのもこの方のおかげ。

高田先生に出会ったのは2000年くらい。当時駆け出しギタリストだった僕は近くのスタジオで行われたとあるセミナーに出た。そこでギターを弾いていたのが高田先生だった。

とにかく衝撃的だった。

完璧に気持ちいい演奏だった。俺が求めているサウンドだった。タイム感、音色、フレーズセンス、アンサンブル感、全部大好きだった。すぐに師事した。すでに仕事を始めていた僕だけど、最初に受けたレッスンはタータカ♫のアクセントの位置だった。そこから全然レベルが違った。そう言う事か、と痛感した。

何故か俺は高田先生に可愛がってもらった。

レコーディング、リハーサル、ライブに連れて行って貰った。別にお金を払っているわけでもない。「今日はバブルのレコーディングがあるから観に来る?」とか「松田聖子のリハーサルやってるから観に来る?」とか…今度バンドやるからギター一緒に弾いてよとか。色々沢山。全て夢のように嬉しかった。普通だったら周りの人に気も使うし、弟子を見学などに呼ばないだろう。

「ここに上手い店があるからいこーよ」とか。美味しいラーメンは沢山教えてもらった。いっぱい奢ってもらった。

いっぱい色んな話も聞いた。仕事の悩みや、デタラメに巻き込まれている事とか、聞いて貰った。とにかくとにかく優しかったし、正しかった。いっぱい救われた。

20代の時…何かのリハーサルを見学に行った時に、「花ちゃんもそのうち俺の代わりに手伝ってギター弾いてよ〜」と言われた。
その時は絶対、出来ねぇ…と思った。

でも少しずつ呼んで貰って凄いメンバーとの演奏に混ぜて貰った。そんな事が5年…10年…と続き、俺はいつの間にか紛れもなく日本トップクラスの人達と一緒に演奏する機会に恵まれた。松田聖子さんのツアーでは一緒にツインギターで全国を何年も周った。

そんな中で自信もつけた。結婚もした。そんな俺に子供も産まれてきてくれた。

嬉しくて、高田先生にその都度挨拶に行った。結婚きたときは溝口の和食屋、娘が産まれたときは先生は手術後で有明の病院に行った。嬉しそうにしてくれた。

亡くなる直前には娘が作ったクッキーを持っていって。食べてくれたそうでした。

もう高田二郎のいない世界で俺はこれから生きていく。

けど

俺の中では今もこれからもずーっと生き続ける。あの、自信に溢れた優しさと、天才的なギターサウンド。

本当に本当に今までありがとうございました。

どうか天国でお幸せに暮らして下さい。

そしていつか僕もそっちにいったらまたお会いしたいです。ずっとずっと、仲良くして欲しいです。

さようなら高田先生。

2 comments to “高田二郎氏”

You can leave a reply or Trackback this post.
  1. あの。。最近YouTubeでモッキンバードをみて、初めて皆さんの事を知りました!そしたらまさか高田さんがこんなことに。。

    皆さんのライブ姿が本当にかっこいいです

Write a Reply or Comment

Your email address will not be published.

TOP